kanejaku.org

再帰的なデータ構造のイテレータを手書きする

Publish date 11 May 2019

amos.me - Recursive iterators in Rust が面白かった。以前 AST をたどるイテレータを書いたときに同じような問題に遭遇した記憶がある。そのときは既存のイテレータやアダプタを組み合わせてうまい具合にやる方法が思いつかず、結局自分でイテレータを実装した。イテレータの内部では状態を管理する列挙型と、今どのノードをたどっているのかを記憶するスタックを使用する。

上記のエントリで出てくる例題に対して実装するとこんなかんじ → Rust Playground

うまく既存のイテレータやアダプタを使って関数型言語っぽい書き方をできるようになりたいなあと思う一方、自分にはどうも手続き的なコードのほうが理解しやすい。イテレータを組み合わせて書いてあるコードはすっきりしていて賢いと思うんだけど、理解が追いつかないことが多い。Rustを使い始めてそこそこ経つので慣れの問題だけじゃないかもしれない。