kanejaku.org

Secure Shell App でウェブフォントを使う

Publish date 2 Dec 2018

Windows では ssh クライアントに Secure Shell App を使っているのだが、デフォルトの設定だと自分の4Kディスプレイではフォントの見栄えがよくない。ウェブフォントを使って自分の好みに変更してみる。

Secure Shell App のオプションページを開くと、user-css-textという項目があって、ここに任意の CSS を書くことができる。ここで Google Fonts で提供されているフォントを@importを使って取り込むようにする。今回は Roboto Mono を使うように設定した。

@import url("https://fonts.googleapis.com/css?family=Roboto+Mono:400");

さらに Secure Shell App の設定項目のfont-familyも更新しておく。

"Roboto Mono", Consolas, monospace

少し前に日本語の Noto Sans が Google Fonts で使えるようになったのでこちらも試してみたが、なんだか jaggedly であった。日本語に関してはメイリオの方ががよさそう。